今度の旅行はレンタカーで!レンタカー1.2.3!

top > レンタカー情報 > 運転に慣れている人のレンタカーの借り方

運転に慣れている人のレンタカーの借り方

仕事柄運転には慣れている、または様々な大きさの車を運転する事が多い方はレンタカーを借りる際に、普段は乗る事ができない車を選んでみると良いでしょう。
運転に慣れていない人や、同じ車しか運転をしない方は、この行動を行ってしまうとリスクが大きくなってしまうので避けなくてはなりません。
慣れている方は、セダン系の車を借りる事を考えてみると良いでしょう。
セダン系の車は価格が高いのでなかなか購入できない方が多いです。
しかし男性であれば一度は乗ってみたい車になります。
軽自動車と比べてみると少し価格が高くなってしまう場合が多いですが、普段乗る事ができない車に乗る事ができるので、憧れていた車に乗れて満足できる場合が多いです。
そのため乗り心地が良いセダン系の車は人気になっていますが平日であれば問題無く借りる事ができるでしょう。



レンタカーの返却が遅れる場合は必ず連絡をする

予定が変わってしまいレンタカーを借りる期間を伸ばして欲しいと考える方もいます。
お金さえ払えば連絡をしなくても良いと考えてしまう方もいますが、必ず店に連絡をするようにしましょう。
なぜかと言いますと、次に使う方が決まっている可能性があるからです。
早めに連絡をすると次に借りる人が決まっていたとしても、様々な対応をしてくれます。
別の車を貸出ししてくれる場合もありますし、そのまま使っても良いと言われる場合もあります。
連絡をしないままだとどうなってしまうのかと言いますと、盗難されてしまったと判断されてしまう場合があります。
盗難されてしまったと勘違いされてしまうと、自分が考えている以上に大きなトラブルになってしまう場合があります。
また次回以降借りる事ができなくなってしまうので、連絡だけは怠らないようにしましょう。



レンタカーを借りたら傷がないか確認する

契約が終わるとすぐに車を走らせてしまう方が多いですが、必ず傷がないかなどを確認するようにしましょう。
確認をしないでレンタカーを使用してしまうと、後から傷が見つかった際に全て自分のせいにされてしまう事があります。
身に覚えがなくても自分のせいになってしまうと、修理をするための費用を請求されてしまう場合があります。
自分がつけてしまった場合は仕方がありませんが、自分がつけていないのに疑われてしまうと気分も良くありません。
使用をする前に車の周りを1周して傷やへこみが無いか確認しましょう。
仮に傷などを見つける事ができたら使用をする前に店の人に伝えるようにしましょう。
この段階っで伝えていると自分が疑われてしまう事が無くなります。
面倒ではありますが自分のためにも、そして気分良くレンタカーを使うためにも行うようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー